新たな「永遠(とわ)へ」を歩み始めた歴史あるグランメゾン『銀座レカン(L’ecrin)』

新たな「永遠(とわ)へ」を歩み始めた歴史あるグランメゾン『銀座レカン(L’ecrin)』
2017年6月1日約2年半の時を経て、銀座の『銀座レカン(L’ecrin)』がリニューアルオープンしました。
新たな店舗はシカモア材を取り入れた、シャンパンベージュを基調としたモダンな空間になり、絨毯も絨毯作家による一枚ものを使っているという贅沢さ。今回のシャンデリアは、池本美和さんによる作品名「永遠(とわ)へ」。様々な模様の球体のガラスが、まるで銀座の煌きのように、そしてシャンパンの泡のように空間を彩ります。
6代目の高良料理長が卒業され、現在は7代目となる渡辺幸司料理長が厨房を仕切りキッチンも新たなステージがスタートしました。
上質なオトナが似合う空間で、最高峰のフレンチを。ここではいつでも最高の時間が過ごせます。
https://ameblo.jp/sakura-beautiful/entry-12307156824.html

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でotojyo_gourmetをフォローしよう!

author avatar

食べ歩き歴25年以上。日々幅広いジャンルを食べ歩いていますが、まだほんの少しだけ残っている乙女心が一気に高まる美的フレンチやイタリアンが大好きです。話題のお店から居心地の良いお店まで食べなれた大人の女性がその嗅覚で素敵レストランをセレクトします。

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published

CAPTCHA