【表参道】楽堂(Rakudo)@ル・コルドン・ブルー出身シェフが作る、繊細で懐かしいモダンシンガポール料理。

【表参道】楽堂(Rakudo)@ル・コルドン・ブルー出身シェフが作る、繊細で懐かしいモダンシンガポール料理。

オトジョのMisakoです。
今日も雪の天気でまだまだ寒い日がづつきますね。
前回あの大雪の日にお伺いした表参道のシンガポール料理「楽堂(Rakudo)」。去年からプレオープンを続けていたようですが、2月にグランオープンされたようです。

場所は骨董通りの落ち着いた場所にあり、お店の中に入ると天井が高い空間にモダンなインテリアでオトナが楽しめる空間となっています。

この日はシンガポールからオーナーシェフのYeo Kian Tiong氏がいらっしゃって、お料理を作ってくれました!ル・コルドン・ブルー出身のシェフは素材のよさを生かしつつ、繊細でモダンなシンガポール料理を提供してくれます。特にパクテーは必食ですよ。

どこか懐かしいスパイスの香りや味わいは、アジア人であればしっくりくる味ではないでしょうか。まだまだ知られていない、穴場的なお店。デートや女子会にオススメです。

※2/8~3/9までグランドオープン記念イベントをやられているそうです。ご興味のある方はぜひお店まで問い合わせてみてください。

https://www.lua-branca.com/archives/26246.html

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でotojyo_gourmetをフォローしよう!

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published

CAPTCHA