「出汁」の奥深い世界に遊び心の加わった和食店が恵比寿にオープン『小花』

「出汁」の奥深い世界に遊び心の加わった和食店が恵比寿にオープン『小花』
https://ameblo.jp/sakura-beautiful/entry-12408301093.html
基本の出汁は、極上の利尻昆布と鹿児島県産の鰹節2種使い。利尻昆布を軟水につけて氷室で一晩おきさらに30分極弱火にかけて作るというこだわり。そこに2種の鰹節を加え、最後に花かつおを加え香りたたせる。野菜や魚などの出汁を加え、旨味を引き出すという調理法で、出汁の旨味を存分に味わうことのできるお店です。
メインの、魚とお肉はネタ箱から選ぶ”お好みスタイル。素材と大きさ(グラム)を料理長と相談しながら作ります。王道の金目鯛の煮つけの他に、関アジのフライなどを作ってもらっちゃったりして。鯵フライなんてランチにいただきたくなる普通の料理ですが、ブランド鯵で作るという贅沢がここでは許されます。
お肉も前沢牛のヒレの黒コショウ焼きや鴨ロース煮をいただきましたが、三元豚の生姜焼きとかシャトーブリアンのカツサンドとかそんな楽しみも提案してくださいました。
珍しい骨酒も置いてあり、この日は鱧と鮎の骨酒などをちょいといただきました。料理が出汁なので、かなり合う。
是非、美味しいお出汁と骨酒のマリアージュを愉しまれてくださいませ。

#和食 #日本料理 #出汁 #dashi #japanesecuisine #washoku #恵比寿 #東京 #tokyo #sake #日本酒 #だし #japan #ebisu #骨酒

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でotojyo_gourmetをフォローしよう!

author avatar

食べ歩き歴25年以上。日々幅広いジャンルを食べ歩いていますが、まだほんの少しだけ残っている乙女心が一気に高まる美的フレンチやイタリアンが大好きです。話題のお店から居心地の良いお店まで食べなれた大人の女性がその嗅覚で素敵レストランをセレクトします。

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published

CAPTCHA